特殊義歯
トップページ > 特殊義歯
特殊義歯
岡田歯科
入れ歯(義歯)について
何故、歯の無い部分をそのままにしておいてはよくないのでしょうか?
見栄えが良くない、食べられない、噛み合わせが悪くなる等々あります、ですが私が一番懸念していることは、残っている歯に負担過重がおきることです。さらにそのままにしているということは、歯を失った環境がそのまま残っている(歯周病になりやすい、虫歯になりやすい等々のお口の環境)という事ですので、歯を失う事に歯止めがかからないことが問題なのです。
様々な理由により歯を失ってしまった場合、そこをうめて回復をします、失った歯の本数にもよりますが仮に失った本数が1本、2本であれば前後の歯を削ることで橋渡しをするいわゆるブリッジとよばれる方法が可能です。
(後述するインプラントも可能です)ところが、多くの本数を失ったとか、一番後ろに歯が残っていない場合は固定式のブリッジを行う事は不可能となります。このような場合は、抜けてしまった部分をプラスチックで補い(床)、残っている歯にバネを掛けることでとれにくくしてあります、いわゆる通常の部分入れ歯です。
上図は通常の健康保険の部分入れ歯です。ピンク色の床部は歯茎に大きな面積で覆いかぶさりますので、慣れるまで時間がかかり、その間相当な違和感があり、食べ物の味が感じにくいといった欠点があります。 また、バネを欠かけてある歯には、取り外しや食事の際に歯をゆさぶる力がかかり、だんだんとぐらぐらになってやがて抜けてしまうことが多いです。
特殊義歯 ~ 入れ歯の不満、ありませんか?
バルプラスト義歯 ~ 金属を使わない割れにくい特殊義歯
洗面所で落としたら割れてしまった・・・そんな経験をされた方に朗報です
義歯を洗っていたら落としてしまい割れてしまった・・・そんな経験をされた方も少なくないようですね。
使い勝手の良い義歯は通常1個しかもっていないもの。毎日使う物ですから割れたりヒビが入ったらそれこそ不自由です。
それを解消する為に最近使われるようになった義歯に“バルプラスト義歯”があります。これはスーパーポリアミドという外科で用いる縫合糸に用いる材料でできています。
この義歯の特徴として
1.
通常の健康保険の義歯で使用される金属のバネが無く見た目に優れる。
2.
曲げたり落としたりしても破折がほとんどない(通常使用時)。
3.
フィット感がよく人体にやさしくアレルギーの心配が少ない。
健康保険適応外となりますが、壊れて困る・困った事が有る、バネによる見た目や、金属アレルギーが気になる方におすすめです(ただし、歯周病が進行している歯が有る場合にはおすすめできません、詳しくはスタッフまでお尋ねください)
コンフォート ~ 生体シリコンデンチャー
入れ歯は痛いのが当たり前と諦めていませんか?
『痛い』、『噛めない』、『見た目が悪い』と思っていた方へ。
あなたの入れ歯が変わります!
1.
歯ぐきとフィットし、装着時の痛みが和らぎます。
2.
口内の粘膜にシリコーンが密着し、外れにくくなります。
3.
噛みしめられるようになり、おいしく食事がいただけます。
4.
医療用素材で出来ているので安心です。
5.
長くご使用いただけます(3年保証つき)。
6.
日米で特許取得済みの確かな技術です。
コンフォートは、入れ歯の裏側に白いゴム(生体用シリコーン)を貼り付けて、クッションの役割を持たせる加工技術です。コンフォートした入れ歯なら、噛む力が8割程度まで回復します。しっかり噛めれば、食事が楽しくなるだけでなく、脳も活性化し、より健康的な生活が送れるでしょう。いまお使いの入れ歯にも加工が可能です!
※入れ歯の使用感、咬合力には個人差があります。
※治療費など詳しくはスタッフにお尋ねください。
診療時間
 
午前 9:00~12:00 × ×
午後 14:00~19:00 × ×
午後 13:30~18:00 × ×
火曜日・14:00〜15:00は往診の時間とさせて頂きます。
木曜日・日曜日・祝祭日は休診日となります。
アクセス
Page top
地図
電話
お問い合わせ